ゆったりニュース

ゆったりニュースはNintendo Switchのゲーム情報を5chやTwitterの声からまとめて配信しております。
気になる記事や興味のある記事があれば閲覧頂けると幸いです(´∀`*)

    タグ:映画



    (出典 movie.jorudan.co.jp)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/01(月) 18:11:20.92

    18:08配信
    オリコン

    『劇場版ソードアート・オンライン -プログレッシブ-星なき夜のアリア』(C)2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

     10月30日に公開された人気アニメ『ソードアート・オンライン』(SAO)の新作映画『劇場版ソードアート・オンライン -プログレッシブ-星なき夜のアリア』の最新興収情報が11月1日、発表された。動員数22.5万人、興収3億4900万円を記録。 週末(10月30日・31日)の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)では、初登場首位で好スタートを切っている。

     原作者・川原礫氏がアスナ視点で描く新たな<アインクラッド編>の『劇場版ソードアート・オンラインプログレッシブ星なき夜のアリア』は、小説『ソードアート・オンラインプログレッシブ』が原作で、デスゲームの舞台であるアインクラッド第一層からクリアまでの軌跡を川原礫氏自らが描くリブート・シリーズ。キリトが<黒の剣士>となったエピソードや、《アインクラッド》編では語られなかったエピソードを描く。

     『ソードアート・オンライン』シリーズは、川原礫氏による小説が原作。主人公のキリトが、仮想空間への接続機器によってバーチャルリアリティーを実現した近未来を舞台に、さまざまなオンラインゲームを取り巻く事件に巻き込まれる物語。シリーズ累計2600万部を突破する人気作品で、2012年よりテレビアニメの放送がスタートし、第3期まで放送。2017年には劇場版も公開された。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/70ca80324fa0a58e5415aa1966114515c7013b4f


    【『SAO』新作映画、興収3億4900万円で初登場首位】の続きを読む


    そしてバトンは渡された』(そしてバトンはされた、瀬尾まいこの小説である。2018年2月に文藝春秋より出版された。 2019年に同作本屋大賞を受賞した他、TBS『王様のブランチ』ブランチBOOK大賞2018、紀伊國屋書店・キノベス!2019などで大賞を受賞して
    12キロバイト (1,082 語) - 2021年8月26日 (木) 18:00



    (出典 dorama9.com)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/06(水) 05:39:32.50

    10/6(水) 5:15配信
    東スポWeb

    左から田中、永野、石原(東スポWeb)

     女優の石原さとみ(34)、俳優の田中圭(37)が5日、都内で行われた映画「そして、バトンは渡された」(29日公開)のジャパンプレミアに登場した。2人は別作品の撮影で、石原が田中にガチギレしたと報じられたこともある仲だ。〝因縁〟の再共演で、撮影中は田中の背筋がピン!と伸びていたという。

     同映画は4回も名字が変わった高校生が、親からの想像を超えた愛を知る感動作。主演女優の永野芽郁(22)が高校生、田中はその義父、石原は魔性のシングルマザーをそれぞれ演じた。

     昨年暮れに一般男性と結婚した石原にとって初の母親役だ。共演はほかに、子役の稲垣来泉(くるみ=10)、市村正親(72)、大森南朋(49)らが顔をそろえた。

     イベントは和やかなムードで進行したが、撮影では石原に〝負い目〟を持つ田中が肝を冷やしながら演じていたという。

     それもそのはず、昨年7月期の連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の撮影中、主演の石原が共演の田中にガチギレしたと同年7月に「女性セブン」に報じられたからだ。

     同誌によれば、大の酒好きである田中が同年4月、二日酔いで撮影現場入り。周囲は苦笑いしたが、石原は座長として田中に「集中してくださいよ…」とチクリ。冗談めかしてはいたものの、目つきは険しく、ガチギレモードだったという。

     石原の〝一喝〟以降、二日酔いで現場入りすることはなくなった田中。泥酔エピソードに事欠かない豪快な役者だが、年下の石原からピシャリとたしなめられことは、いい教訓になったようだ。

    「『そして――』のキャスティングは2019年中に固まったそうです。石原さんが『アンサング――』の撮影中に田中さんを〝一喝〟した半年後に『そして――』の撮影が始まり、石原さんと田中さんは再び顔を合わせました。〝ガチギレ事件〟があったため、田中さんは『さとみサンがいる…』と襟を正し、緊張感を持って撮影に臨んでいたと聞きました」(関係者)

     この日のジャパンプレミアで、石原が撮影中に「(稲垣が)田中圭くんと大森南朋さんにいたずらをした」とキャスト陣の仲の良さをアピールすると、田中も笑ってうなずいていた。

     一方、田中は役柄と自身の性格の共通点を聞かれ、「料理をしない。メガネをかけていない。共通点は懐の広さくらい」と渾身のジョーク。会場から笑いがこぼれると、「(今)笑った人は失礼ですからね!」と突っ込んで盛り上げた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6f98746f2988290e75d52b754d81b3f7c036d219


    【石原さとみと田中圭が因縁の再共演!二日酔い“マジギレ事件”経て緊張感】の続きを読む



    (出典 imagegooranking.rank-king.jp)



    【『アマプラビデオ』10月の配信が豪華すぎると話題に!】の続きを読む



    1 muffin ★ :2021/10/01(金) 02:29:39.52

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1354770.html

    9月30日、「シン・仮面ライダー対庵野秀明展」合同記者会見が国立新美術館で開催され、2023年3月公開予定の映画「シン・仮面ライダー」の主人公、本郷猛(仮面ライダー)役を池松壮亮が演じると発表された。緑川ルリ子役は浜辺美波が演じる。

    主人公のキャスティングについて、庵野監督は「池松くんはオーディションに来てくれて、そのオーディション(の演技)がよかった。僕の中では藤岡弘、さんが演じる本郷猛のイメージが強すぎて、別の方向性を目指さなきゃいけないときにマッチした」とコメント。

    緑川ルリ子役の浜辺については、「ヒロインをどうしようと考えているとき、ちょうど東宝のカレンダーを観て『この子にしよう』と決めました。そのあと主演されている『賭ケグルイ』を観て、正解だったなと思いました」と明かした。
    中略

    庵野監督は、公開された仮面ライダーや、ライダーが操るサイクロン号のデザインについて言及。「デザイナーは今回3人やってくれました。ひとりは出渕裕という、こういったデザインの大先輩。もうひとりエヴァンゲリオンで一緒にやっていた山下いくとと、うちの会社にいる前田真宏。前田はウルトラマンとガメラ、ゴジラのデザインをやって、今回仮面ライダーも手掛ける稀有な人です。彼ら3人と手分けしてやっています」と明かした。

    「(会見でお披露目された)サイクロン号は山下くんが(デザインを)やってくれています。プロモーション映像に出ている“乗用”サイクロン号も山下くん。デザインとなると、どうしても50年前のイメージが離れなくて。そのラインを踏襲しつつ、現代風にしたいというイメージを具現化してくれました」

    「ライダーと怪人のデザインも、前田と出渕さんが“今風”にまとめてくれて。とくにライダー(のデザイン)は二転三転したんですけど、最終的には50年前のイメージに戻るんだなと」

    庵野監督作品は、日本のみならず世界中からも注目を集めるが、監督自身は本作について「あまり世界に向けた作品とは考えていないので。東映さん、すいません」と思いを明かした。

    「まずは日本の仮面ライダーが好きな人たちに向けて。その次には仮面ライダーをあまり知らないけど面白そうだなと観てくれる人、そして話題になったらとりあえず観てみるという人に面白いと思ってもらえるものにしたい。そのうえで世界の人に面白いと感じてもらえるものを目指したいと思いますけど、まずは“近場”から」

    そのほか、作品に登場する怪人については「プロモーション映像でも分かるように、蜘蛛(男)が出ますが、あとは内緒です。23年春の公開でまだ先が長いので、ぼちぼちと情報が出ていくと思います。あとバッタも出ます」と冗談交じりに語った。

    全文はソースをご覧ください


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 ogre.natalie.mu)


    (出典 pbs.twimg.com)


    プロモーション映像

    (出典 Youtube)


    (出典 Youtube)


    ★1:2021/09/30(木) 16:03:38.05
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1632985418/


    【 映画『シン・仮面ライダー』池松壮亮が本郷猛役! ヒロインは浜辺美波】の続きを読む


    進撃の巨人』(しんげききょじん、Attack on Titan)は、諫山創による日本漫画作品。およびそれを原作とした小説(ライトノベル)、アニメ、ゲーム、映画など作品。 圧倒的な力を持つ巨人とそれに抗う人間達と戦いを描いたダーク・ファンタジー漫画。『別冊少年マガジン』(講談社)で2009
    310キロバイト (44,316 語) - 2021年7月26日 (月) 00:38



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



    1 マロン名無しさん :2021/05/17(月) 16:45:27.31

    大抵漫画って最後の方つまらなくなりがちだけどマーレ編とかも普通におもしろかったと俺は思う


    【『進撃の巨人』最後まで面白かったと言えるのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ